概要とミッション

概要

九州大学では、様々な分野において広く全世界で活躍し、指導的な役割を果たす人材の輩出を教育の目標に掲げ、教育憲章では人間性、社会性、国際性および専門性を重視し、全学一体となって教育に取り組んできた。しかし、国内外からの社会が求める期待に呼応し、多様な課題を抱えグローバル化が進む国際社会において真にリーダーとして活躍できる人材を育成するためには、これまで以上に体系的で幅広い質の高い教育を充実させることが急務となってきた。そこで、全学教育から専門教育へ、専門教育から大学院教育に至る一貫した教育システムを再構築することが不可欠であると考え、創立百周年を機に、次の百年に向けて、新たな教育組織として「基幹教育院」を平成23年10月に設置した。

ミッション

基幹教育では、「学び方、考え方を学ぶ」姿勢の涵養こそが学問追究の基本であるという観点に立ち、自ら問いを立て主体的な学びのできるアクティブ・ラーナーを育成する。そのために大学入学時から高年次・大学院に至る多様な学びの基礎的な力及び幹となる〈知〉を育む教育を行う。そのための基幹教育院のミッションは、以下のとおりである。

○基幹教育院は、基幹教育の実践において核となる。アクティブ・ラーニングを推進する高等教育カリキュラムや教育実践技法を開発・改善し、新たな実践型教育研究を行い、日本の高等教育をリードしていく。

○基幹教育院は、基幹教育実施の責任を担う組織として基幹教育のマネジメントを行う。例えばカリキュラム案やシラバス案の作成、全学出動体制の調整、教材・教科書の開発などが大きな任務となる。

○基幹教育院は、学生を学び、生活、健康の各側面から支援する。そのために基幹教育院では、学びを主体とした大学生活を支援する学生支援センター、及び日常生活と心身の健康をサポートするキャンパスライフ・健康支援センターという2つの組織を擁して、学生に対する支援活動の体制を作っている。

●基幹教育院の教員は、最先端の研究活動を背景に常に専攻教育、大学院教育にも携わる。大学人として最先端の研究と教育をつなぐ姿を示すことで、学生の学び・研究する意欲を喚起する。

このようなミッションを遂行するにあたり、基幹教育院の教員には、教育、研究、マネジメントの各領域にわたって高い力量とすぐれた資質が求められる。基幹教育院ではそのような任務に応えられる人材を全国から集め、日本の高等教育の未来を先導する組織として発足したのである。

九州大学

Page Top