成長モデル

基幹教育が育む力

学生は基幹教育において次のことを学ぶ:

  • 1.問いの生成と省察の仕方で゙学びの質が゙異なる。
  • 2.何が正解であるかは視点によって異なる。
  • 3.知の交流の場は、新たな知やアイデアが創出される“創造の泉”である。
  • 4.躓きや失敗は、新たな知や学びの起源である。
  • 5.学問による真理探究の世界と矛盾に溢れた現実世界との間を往還する思考を重ねることで、社会に役立つ知や技能が生まれる。
  • 6.豊かな教養と深い専門性がチャレンジ精神に繋がる。

「基幹」涵養の3ステップ

ステップ1は大学初年度の学びであり、大学での新たな“学び”のモードに気づき、“学び”のスタイルの転換を図る。ステップ2は学部教育である。ここでは専門領域の知見に磨きをかけるために多様な知の遠近法を身につけ、自らの知(既知・未知・異分野・多分野)を統合していく。ステップ3は大学院における研究生活である。未知の領域や分野で新たな知を創出し、既成の理論や枠組みを超越していく場面での創造的な知の遠近法の体得である。それぞれの段階に見合った知の遠近法を身につけていくことで、時代や状況を超えて機能する「基幹」が鍛えられるのである。

強靭な幹を育む螺旋型モデル

図:強靭な幹を育む螺旋型モデル

九州大学

Page Top