九州大学の公開講座のうち、高校生が参加可能なものを紹介します。

※このページは九州大学総務部総務課作成の公開講座についてのホームページを、アレンジしたものです。

対象者・参加費 講座名 開催日時 開催場所 問い合わせ先

高校生(20名)

高校生のための
最先端メディアスタジオワークショップ

 2006 12/26(火)・27(水)
  (2日連続)
 10:00〜16:00

九州大学大橋キャンパス 芸術工学部学務課教務係

3,000円

 高度な科学技術をベースにしたスタジオワーク、およびコンピュータグラフィックスの体験を通じて、この分野への興味を持ってもらうことを目的とした講座です。
 前者では高精細度の撮影環境、形や動きのデータ入出力、コンピュータによる画像、映像、音声の生成、加工、編集など、後者では、数学や物理学の知識に基づいたCG映像生成方法を解説し演習していきます。
 高校で学んでいる科目の知識と、最先端で活躍する研究者・設計者との仕事の関わり、および大学の研究内容を知っていただける機会となることを考えいています。

 申し込み方法: 12月13日(水)までに、ハガキにて芸術工学部学務課教務係まで。

 〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1 九州大学芸術工学部学務課教務係
 TEL:092-553-4418 FAX:092-553-4597
 URL:http://www.design.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:gagkyomu@jimu.kyushu-u.ac.jp


高校生以上の一般市民
(30名程度)

フクオカサイエンスマンス参加企画
「一般市民向け公開講演会」

12月中旬予定
 09:00〜17:00(予定)

九州大学箱崎キャンパス
理学部化学科講義室その他

理学部化学科事務

無料

 福岡県科学啓蒙事業の一環であるフクオカサイエンスマンス参加企画として後期特別談話会を開催し、理学研究院化学部門に所属する教員が中心となって、様々な分野の最先端の研究を一般に紹介します。
 この企画ではポスターが作成され,一般市民への参加の呼びかけを行うとともに,報告書も作成され関係各位に配布されます。

 〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 九州大学理学部化学科事務
 TEL:092-642-2608 FAX:092-642-2607
 URL:http://www.sci.kyushu-u.ac.jp/

中学生・高校生
 (約40名)

日本学術振興会
ひらめき☆ときめきサイエンスプログラム
「柔らかい材料 ソフトマテリアル」の化学

 11/26(火) 
 09:30〜16:00

九州大学箱崎キャンパス
先導物質化学研究所・
21世紀交流プラザ(予定)
先導物質化学研究所

無料

 ソフトマテリアル(柔らかい材料)は、プラスチック・ゴム・繊維などの高分子材料、液晶、石けんなどの界面活性剤、コロイド、タンパク質、多糖類、ゲルなどの有機物質を中心とする柔らかい物資です。硬い金属材料(ハードマテリアル)、セラミックスと対極的な材料です。

 本プログラムでは、ソフトマテリアルの化学とは何か、それがどのように発展し、これからどのように発展する可能性があるか、またそれが私たちの社会、身の回りでどのように活躍しているかを中高生ならびに教師・父兄に体験、観察、計算機シュミレーションを通して伝えることを目的としています。
 そのために第一線の研究者による視覚に訴えた講義と、若手研究者・大学院生による最新のソフトマテリアルに関するポスターセッションと交流会、実際の材料に手に触れる機会を設けます。

 また最先端のソフトマテリアルの化学で用いられる研究施設の見学会では最新の分析機器を使った観察を実際に体験します。最後に、若手研究者を交えて質疑応答、フリートークを行います。

 申し込み方法: 11月10日(金)までに、FAX,E-mailまたは郵送にて先導物質化学研究所まで。

 〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1  九州大学先導物質化学研究所
 TEL:092-642-2721 FAX:092-642-2715
 URL:http://www.jsps.go.jp/hirameki/ht283_kyushu.html
 E-mail:takahara@cstf.kyushu-u.ac.jp

小学生以上の一般市民
 (20名程度)

インターネットにより宇宙をみる

 11/25(月) 
 10:00〜13:00

九州大学箱崎キャンパス
宙空環境研究センター1F
モニター室
宙空環境研究センター

無料

 当センターでは、近い未来に人類の生活圏となるであろう地球周辺空間を安全に活用するためのグローバルな調査研究を行っています。
 研究の一環として、毎日の地球近傍の宇宙空間の様子を調査し「宙空環境概況」としてインターネットを通じて報告しています。
 本講座では、世界中から発信されている様々な情報に接し、皆さんに宙空環境を読み解いてもらえるようになることを目的としています。

 申し込み方法: 電話,FAX,E-mailにて受付。

 TEL:092-642-4403 FAX:092-642-4403
 URL:http://www.serc.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:abeshu@serc.kyushu-u.ac.jp

一般市民及び
専門職大学院生を含む
九州大学学生
 (100名)

専門職大学院コンソーシアム
レクチャーシリーズ第2回
「身近に触れる知的財産権」

 11/23(祝)
 14:00〜16:30

九州大学病院キャンパス
医学部百年講堂中ホール
医学研究院
医療経営・管理学講座
担当:立石・佐野

500円(当日徴収)

 企業活動から日常生活のさまざまな場面まで、ますます重要性が高まっている知的財産権。
 ロースクールとビジネススクールの専門教員が、一般の方々向けにわかりやすく解説します。

 熊谷健一(法科大学院教授)「日常生活と著作権」
 高田仁(産業マネジメント専攻助教授)「新製品開発と特許権」

 申し込み方法: 電話,FAX,E-mailにて受付。

 TEL:092-642-6960 FAX:092-642-6961 E-mail:sigezumi@hcam.med.kyushu-u.ac.jp

 URL: http://www.hcam.med.kyushu-u.ac.jp/archives/2006/09/08-1146.html
 URL: http://www.law.kyushu-u.ac.jp/lawschool/pages/hcmanage060605.html
 URL: http://www.kyushu-u.ac.jp/news/release/2006-02-17-01.pdf

一般市民
 (25名)

「模型で考えるあなたの住まい」
住空間デザインワークショップ

 10/18〜11/29 
 19:00〜21:00
(水曜隔週、計4回)

九州大学大橋キャンパス 芸術工学部学務課教務係

6,200円

 昨今の住宅ブームやリフォームブームは、住宅をつくろうとする人々にとって、一見、選択肢が増えているように見えます。
 しかしながら、実際にはnLDKと呼ばれる「型」を焼き直し続けているに過ぎません。
 これからは、住み手がもっと主体的にデザインプロセスに参加していく「要求型」の住まいづくりに転換していく必要があります。
 本講座では、自らの空間の獲得・実現方法について、1/50程度のスケールの住宅模型をつくるという簡単なデザインワークをワークショップ形式にて行います。
 各回ともスタッフによる専門的な批評を受けることになります。
 受講者は、住宅のデザインプロセス、表現方法、空間のスケール感などを学ぶことができます。

 申し込み方法: 10月4日(木)までに、ハガキにて芸術工学部学務課教務係まで。

 〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1 九州大学芸術工学部学務課教務係
 TEL:092-553-4418 FAX:092-553-4597
 URL:http://www.design.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:gagkyomu@jimu.kyushu-u.ac.jp

前原市及び
周辺自治体の市民
 (100名)

健康の科学2006
−健康情報の“奥”をのぞいてみよう−

 10/14〜12/09 
 13:00〜16:00

前原市健康福祉センター あごら
(前原市大字潤1-22-1)
筑紫地区庶務課研究協力係
(春日市春日公園6-1)

2,000円

 現在、マスコミによって健康情報が洪水のように溢れていますが、中には怪しいものも多いようです。
 この講座では、健康の基本的な考え方を身につけるとともに、有益な情報の見分け方や確かな根拠に基づいた健康情報の見方等を学習します。

 申し込み方法: 電話,FAX,E-mail,ハガキにて筑紫地区庶務課研究協力係まで。

 〒816-8580 春日市春日公園6-1 九州大学筑紫地区庶務課研究協力係
 TEL:092-583-8675 FAX:092-583-7060 E-mail:yoneda@tj.kyushu-u.ac.jp

一般市民
 (100名)

九州大学伊都キャンパス発、未来へ
〜化学工学からの発信2006

 10/14(土) 
 13:00〜15:00

伊都文化会館 視聴覚室
(前原市前原東2-2-7)
工学研究院化学工学部門、
九大・糸島会事務局

無料

 本講座は、九州大学大学院工学研究院化学工学部門と地元である糸島の市民の方々との社会連携・交流を目的に設定されました。
 化学工学という学問を、身近な話題を題材に、市民の皆さんに分かりやすく解説します。

 申し込み方法: 申込不要

  TEL:092-802-2753(工学研究院化学工学部門) 092-323-1111(九大・糸島会事務局)

一般市民、
大学生、高校生
 (30名)

ビーダーマイヤーの文化と音楽
−音楽のデザイン4−

 10/11〜12/06,12/15(金) 
 19:00〜21:00
(水曜隔週、計5回+特別演奏会)

九州大学大橋キャンパス 芸術工学部学務課教務係

6,200円

 ビーダーマイヤー時代は、19世紀前半のドイツ語圏の文化を示す名称です。
 音楽の分野ではロマン主義の時代と呼ばれています。私たちが今当たり前としているコンサートや様々な趣味のルーツがここにあります。
 この時代の穏やかな愉しさと残酷さ、サロン文化の中で育った歌曲、女性音楽家の存在はどこから来たか、そしてこの時代に欠かせないピアノの名手たちの音楽、といった話題を綴ります。音楽を聴きながら、その文化的背景を楽しく学べる講座です。

 申し込み方法: 9月27日(水)までに、ハガキにて芸術工学部学務課教務係まで。

 〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1 九州大学芸術工学部学務課教務係
 TEL:092-553-4418 FAX:092-553-4597
 URL:http://www.design.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:gagkyomu@jimu.kyushu-u.ac.jp

一般市民、高校生
 (40名)

生活の中の機械工学X

 10/06〜12/01 
 18:30〜20:30
(10/13,11/03日を除く、毎週金曜・全7回)

アクロス福岡
(福岡市中央区天神1-1-1)
工学部等総務課研究協力室
(福岡市西区元岡744番地)

5,000円

 一般市民を対象に開講する講座であり、生活の中における機械工学の役割と重要性について、身近な事例を引用しながら分かりやすい講義を行います。

 申し込み方法: 5月下旬頃〜9月28日(木)までに、FAX,E-mail,ハガキにて工学部等総務課研究協力室まで。

 〒819-0395 福岡市西区元岡744番地 九州大学工学部等総務課研究協力室
 TEL:092-802-2709 FAX:092-802-2712
 URL:http://www.eng.kyushu-u.ac.jp/gakubu/index-.html#top
 E-mail:kenkyo@kj.kyushu-u.ac.jp

福岡市博多区と
その周辺自治体の住民
 (80名)

いきいき健康パワーを養って,アンチエイジング!

 09/23(祝)・30(土),
 10/07(土)・14(土) 
 13:30〜15:30

博多南地域交流センター内
「さざんぴあ博多」
(福岡市博多区南本町2-3-1)
筑紫地区庶務課研究協力係
(春日市春日公園6−1)

2,000円

 「老化防止(stop the 老化、アンチエイジング)」を大きなテーマに「運動機能向上」、「栄養」、「認知症対応」、「こころの問題」などについて、専門的見分からわかりやすく地域住民の方へ解説することを目的とします。
 また、毎回、講義と実習(軽い運動)を組み合わせた形式ですすめていきます。

 申し込み方法: 電話,FAX,E-mail,ハガキにて筑紫地区庶務課研究協力係まで。

 〒816-8580 春日市春日公園6-1 九州大学筑紫地区庶務課研究協力係
 TEL:092-583-8675 FAX:092-583-7060 E-mail:yoneda@tj.kyushu-u.ac.jp

一般市民
 (15名)

九州山地の森を知ろう

 09/23(祝)・24(日) 
 13:00〜17:00(09/23)
 09:00〜14:00(09/24)

農学部属演習林宮崎演習林
(宮崎県東臼杵郡椎原村)
農学部附属演習林・宮崎演習林係
(宮崎県東臼杵郡椎原村
大字大河内949)

6,200円

講座概要 本講座は、九州山地の森林、樹木、森林動物等の生態的特徴、森と水との係わり等に関する講義および宮崎演習林内の森林での実習を通じ、森林に対する知識を深めてもらうことを目的とします。

 申し込み方法: 電話,E-mailにて受付。

 〒883-0402 宮崎県東臼杵郡椎原村大字大河内949 九州大学農学部附属演習林・宮崎演習林係
 TEL:0983-38-1116 FAX:0983-38-1004
 URL:http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:miyasen@forest.kyushu-u.ac.jp

高校生
 (約40名)

日本学術振興会
ひらめき☆ときめきサイエンスプログラム
「福岡県西方沖地震に学ぶ
−地震とは?地震動とは?災害とは?−」

 09/23(祝) 
 09:00〜17:00

九州大学箱崎キャンパス
工学部建築学科
人間環境学研究院

無料

 地震はなぜ突然起こり我々を驚かすのでしょうか?

 その結果なぜ地面があんなにも揺れるのでしょうか?

 そして建物はどうして壊れるのでしょうか?

 1年前に起こった福岡県西方沖地震の時にはそれほど大きな被害は生じませんでしたがそれは幸運だっただけなのです。11年前に起こった兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)の後、我々はあの惨事の再来を防ぐために、地震と地面の揺れ(地震動)、建物被害の研究をしてきました。そして今日では、場所と規模が与えられればどこがどう揺れてどれくらい建物が壊れるかが予測できるようになりました。しかし、それが「いつ」なのかは依然として予測できません。したがっていつ起きても大丈夫なように備えておく必要があります。

 このプログラムではまず、地震はなぜ起きるのか、地震が起きると地面はどう揺れるのか、地面が揺れると建物はどう耐えるのか、地震災害科学の最先端をわかりやすく解説します。そして実際に地震を起こしてその揺れを測り、データ分析の一端を経験していただきます。地震と地震動、被害について、地震が起こってもあわてなくてもすむように、基礎的な知識をしっかり身につけて地震に備えましょう。

 申し込み方法: 9月8日(金)までに、FAX,E-mailまたは郵送にて人間環境学研究院まで。

 〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 九州大学大学院人間環境学研究院
 TEL:092-642-3331 FAX:092-642-3712
 URL:http://www.jsps.go.jp/hirameki/ht284_kyushu.html
 E-mail:kawase@arch.kyushu-u.ac.jp

一般市民
 (100名)

名著から探るグローバル化時代の市民像

 09/23〜12/02 
 13:30〜16:00
(11/18は開講されません)

六本松キャンパス 六本松地区庶務係
(福岡市中央区六本松4-2-1)

9,200円

 「グローバル化の時代」といわれて久しい。
 グローバル化の進展の中で、従来の市民像がどのように変容してきたのか、また今後変容していくのだろうか。
 新しい理想的市民は、ローカル、ナショナル、リージョナル、グローバルの各政治単位の中で、どのような資質や行動様式が求められるだろうか。
 以上のような問題について、理解を深めることが本講座の目的です。

 申し込み方法: 7月7日〜9月19日(火)までに、下記同封のうえ、現金書留にて受付。
 1) 申込書(氏名,住所,電話番号記入,様式自由)
 2) 返信用封筒(長形3号,住所,氏名表記,90円切手貼付)
 3) 受講料9,200円

 〒810-8560 福岡市中央区六本松4-2-1 九州大学六本松地区庶務係
 TEL:092-726-4513 FAX:092-726-4511
 URL:http://www.rc.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:shomu2@rc.kyushu-u.ac.jp

一般市民

第17回
福岡国際母子総合研究シンポジウム及び
第4回市民公開講座

 09/03(日) 
 14:00〜16:00

九州大学病院キャンパス
医学部百年講堂
医学研究院精神病態医学内

無料

 九州大学母子総合研究リサーチコアの主催で第17回福岡国際母子総合研究シンポジウム(FISP/M)と市民公開講座を開催します。
 市民公開講座の今年のテーマは、「妊産婦と子どもの病気と家族へのサポート」で、お子さまの健康、医療に関する問題や育児でお悩みのお母様、お父様にわかりやすい講座を開く予定です。

 申し込み方法: 申込不要

 TEL:092-642-5624 FAX:092-642-5644
 URL:http://www.med.kyushu-u.ac.jp/psychiatry/
 E-mail:npsy-oa@npsych.med.kyushu-u.ac.jp

中学生・高校生
 (50名)

中・高生のための物理入門

 08/26(土) 
 10:00〜16:00

九州大学箱崎キャンパス
理学部2号館
九州大学理学部物理学科
「公開講座」係

無料

 宇宙からミクロの世界まで、科学の基礎となる、為になる物理の話題を分かりやすく解説します。
 液体窒素を用いた極低温での現象、光学顕微鏡による微粒子の運動観察など、実験にも参加し物理の楽しさを実感してもらいます。

 申し込み方法: 7月3日〜7月28日(金)までに、E-mail,往復ハガキにて理学部物理学科「公開講座」係まで。

 〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 九州大学理学部物理学科「公開講座」係
 TEL:092-642-2522,092-726-4737 FAX:092-642-2553,092-726-4737
 URL:http://www.sci.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:shinoza@rc.kyushu-u.ac.jp

高校生・一般市民
 (240名)

理学部生物学科公開講座

 @08/12(土)
 A08/13(日)
 13:30〜16:00

@九州大学六本松キャンパス
Aウェル戸畑2F多目的ホール
理学研究院
(担当:島崎,舘田)

無料

 高校生および市民を対象にして、生命科学の基盤を支える生物科学の現状をわかりやすく紹介するため、公開講座を開催し2講演を行います。
 基礎科学の役割と重要性をより広く学生・市民に認識してもらい、特に高校生に対しその必要性への理解を促す機会として役立たせたいと考えています。

 申し込み方法: 申込不要

 TEL:092-726-4758,092-726-4577 FAX:092-726-4758,092-726-4577
 E-mail:kenrcb@mbox.kyushu-u.ac.jp

高校生
 (30名)

高校生のための音と画像の実験

 08/10(木)・11(金) 
 10:30〜16:30

九州大学大橋キャンパス
芸術工学部
芸術工学部学務課教務係

6,300円

 高校生を対象に、画像や音響に関する興味と理解を深めてもらうために、実験を主とした講座を開設します。
 具体的には、受講者を2グループに分けて、画像と音響の講義・実験をそれぞれ交替で受講・実施します。
 午前中の入門講義で、基礎的な事項を学習した後、午後に実験を体験します。
 受講者は2日間の両日で、画像と音響それぞれ3テーマ合計6テーマの実験を実施体験します。

 申し込み方法: 7月21日(金)までに、ハガキにて芸術工学部学務課教務係まで。

 〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1 九州大学芸術工学部学務課教務係
 TEL:092-553-4418 FAX:092-553-4597
 URL:http://www.design.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:gagkyomu@jimu.kyushu-u.ac.jp

高校生以上
 (50名)

地球環境を考える
−深海開発から宇宙環境までの最前線−

 08/05〜09/02 
 13:00〜16:00

九州大学筑紫キャンパス
総合理工学府総合研究棟
筑紫地区庶務課研究協力係
(春日市春日公園6-1)

一般市民:3,000円,
高校生:1,000円

 産業廃棄物の拡散、資源の乱開発、自然の環境破壊が進行し、地球環境は人類始まって以来の危機に直面しています。
 総合的見地に立った開発と環境保全の方策が求められています。
 本講座では、宇宙に浮かぶ水の惑星地球が,生命環境を維持していくために欠かせない海洋と宇宙をテーマに、深海開発、ロボット探査、深層水、海洋循環、惑星大気、太陽風などの最前線の話題を学び、地球環境の現状と将来展望について考えます。

 申し込み方法: 6月8日〜8月2日(火)までに、電話,FAX,E-mail,ハガキにて筑紫地区庶務課研究協力係まで。

 〒816-8580 春日市春日公園6-1 九州大学筑紫地区庶務課研究協力係
 TEL:092-583-8675 FAX:092-583-7060
 E-mail:yoneda@tj.kyushu-u.ac.jp

高校生
 (20名)

人に優しいデザイン
−高校生のための人間工学講座−

 08/05(土)
 10:00〜17:00

九州大学大橋キャンパス
芸術工学部
芸術工学部学務課教務係

2,000円

 人間工学とは、安全で快適な製品・生活環境をつくるための学問です。
 本講座では高校生にとってまだ馴染みがない人間工学について、実習を通して理解を深めます。
 本講座では、講義(人間工学とは何か)、人間工学最前線の現場訪問(研究施設見学、実験のデモンストレーション)、3つの実習を予定しています。

 申し込み方法: 7月21日(金)までに、ハガキにて芸術工学部学務課教務係まで。

 〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1 九州大学芸術工学部学務課教務係
 TEL:092-553-4418 FAX:092-553-4597
 URL:http://www.design.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:gagkyomu@jimu.kyushu-u.ac.jp

一般市民・高校生
 (80名)

科学で考えるみんなの生活W:
九州大学新キャンパス!
伊都から世界へ,次世代ケミストリー

 08/05(土) 
 13:00〜17:00

九州大学伊都キャンパス 工学部等総務課研究協力室
(福岡市西区元岡744番地)

無料

 物質科学工学系では、21世紀COEプロジェクトの一環として、一般市民に科学のおもしろさを身近なテーマを取り上げて紹介し、種々の科学分野に興味を持ってもらうことを目的として公開講座を計画します。

 申し込み方法: 5月下旬頃〜7月28日(金)までに、FAX,E-mail,ハガキにて工学部等総務課研究協力室まで。

 〒819-0395 福岡市西区元岡744番地 九州大学工学部等総務課研究協力室
 TEL:092-802-2709 FAX:092-802-2712
 URL:http://www.eng.kyushu-u.ac.jp/gakubu/index-.html#top
 E-mail:kenkyo@kj.kyushu-u.ac.jp

高校生・一般市民(高校等の教育関係者)
 (15名)

Excelと無料CGソフトでできる
物理現象の数値シミュレーションと可視化

 08/02(水)・03(木) 
 10:00〜16:30

九州大学大橋キャンパス
芸術工学部
芸術工学部学務課教務係

3,100円

 表計算ソフトウェアや、これに無料のCGソフト(POV-Ray)、アニメーションソフト(AVIMaker)を組み合わせ、高校物理で扱う現象のいくつかをシミュレーションして可視化するコンピュータ環境をPC上に構築し、設計・デザインに不可欠なツールとなっている数値シミュレーションを経験しながら、さまざまな現象の理解を深めます。
 実習に十分な時間を取り、個別に指導します。

 申し込み方法: 7月21日(金)までに、ハガキにて芸術工学部学務課教務係まで。

 〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1 九州大学芸術工学部学務課教務係
 TEL:092-553-4418 FAX:092-553-4597
 URL:http://www.design.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:gagkyomu@jimu.kyushu-u.ac.jp

一般市民(高校生以上)
 (50名)

現代数学入門

 07/28〜31 
 10:00〜15:00

九州大学箱崎キャンパス
理学部大会議室
数理学研究院理学部分室
「公開講座」係

6,200円

 専門家としての訓練を受けていない方々を対象に、中学生や高等学校で学ぶ初歩的な訓練としての数学ではなく、実際に生きている現代数学の一端を紹介します。
 膨大で深みのある現代の数学の全貌を紹介することはできませんが、その心を理解してもらい更に興味を深めて頂くことを期待しています。

 申し込み方法: 6月1日〜7月14日(金)までに、ハガキにて数理学研究院理学部分室「公開講座」係まで。
           (住所・氏名・年齢・電話番号又はE-mailアドレス記入:学生・生徒は学校名も必須)

 〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 九州大学大学院数理学研究院理学部分室「公開講座」係
 TEL:092-642-2773 FAX:092-642-2778
 URL:http://www.math.kyushu-u.ac.jp/gakufu/
 E-mail:jimu@math.kyushu-u.ac.jp

一般市民
 (30名)

地産地消と食育による
食の安全性確保と健康な暮らし

 07/20(木)・28(金),
 08/4(金)・10(水) 
 13:30〜16:40

久留米ふれあい農業公園
(久留米市草野町)
農学部庶務係

4,000円

 現在、食の安全性を脅かす各種の問題が発生していますが、その原因と対策を社会経済、制度的側面と食の機能性の側面から講義します。
 また、地産地消と食育を通して、健康な暮らしをするための適正な農産物の生産と消費のあり方についても講義します。

 申し込み方法: 7月4日(火)までに、FAX,ハガキにて農学部庶務係まで。

 〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 九州大学農学部庶務係
 TEL:092-642-2802 FAX:092-642-2804
 URL:http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:nossyomu@jimu.kyushu-u.ac.jp

一般市民・九大生
 (100名)

先端サマーセミナー2006

 前期07/20(木)・21(金) 
 後期08/24(木)・25(金) 
 09:30〜16:30

九州大学箱崎キャンパス
ベンチャービジネスラボラトリー
3階ゼミナール室
工学部電気情報工学科
教務事務室

無料

 この「先端サマーセミナー」は、情報工学(i)と電気電子工学(e)の密接な連携の元に生まれた九州大学大学院システム情報科学府のスタッフが、21世紀を支える情報科学、情報通信・電気電子工学の最先端を、基礎から応用まで幅広く解説する夏期セミナーです。
 システム情報科学府の博士後期課程(社会人ドクターを含む)の学生諸君には、広い視野を養うため,このセミナーを単位として認定し、在学中に是非受講するよう求めています。それ以外の学生諸君や一般の方にも広く開放していますので、多数ご来聴されることを期待します。

 申し込み方法: 6月1日〜7月14日(金)までに、所定の申込書にて工学部電気情報工学科教務事務室まで。

 〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 九州大学工学部電気情報工学科教務事務室
 TEL:092-642-3900 FAX:092-642-3961
 URL:http://www.eng.kyushu-u.ac.jp/gakubu/index-j.html#top
 E-mail:noguchi@ees.kyushu-u.ac.jp

一般市民(高校生以上)
 (15名)

十勝の森と生き物

 07/08(土)・09(日) 
 09/30〜10/01 
 講義 19:00〜21:00
 実習 10:00〜14:00

とかちプラザ
(北海道帯広市西4条南13丁目)
農学部附属演習林北海道演習林
(北海道足寄郡足寄町)

6,200円

 北海道十勝地方の森林の現状、主要樹木の見分け方やその生態的特徴、十勝に生息する動物とその生態的特徴について講義するとともに、実際に北海道演習林の森を散策したり簡単な野外調査を実施することにより、十勝の森や樹木,生き物について考えます。

 申し込み方法: 6月5日〜6月30日(金)までに、電話,FAX,E-mail,ハガキにて農学部附属演習林北海道演習林まで。

 〒089-3705 北海道足寄郡足寄町北5条1-85 九州大学農学部附属演習林北海道演習林
 TEL:0156-25-2608 FAX:0156-25-3050
 URL:http://www.forest.kyushu-.ac.jp/hokkaido/h_index.html
 E-mail:hsoumufor@mbox.kyushu-u.ac.jp

一般市民
 (100名)

医療の進歩と健康支援

 07/01〜29 
 14:00〜16:00
(毎週土曜日、計5回)

九州大学病院
キャンパスコラボ・ステーションT
2階視聴覚ホール
医系学部等総務課総務第三係

一般6,200円,
高校生3,000円

 心と身体の健康増進、先端医療技術による病気の発見や診断、安心・安全な医療の実現、アンチエイジングなどをテーマに、日々の生活の中で役立てることのできる健康に関する最新の知識・実践的知識を分かりやすく紹介します。

 申し込み方法: 6月1日〜30日(金)までに、郵送にて医系学部等総務課総務第三係

 〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1 九州大学医系学部等総務課総務第三係
 TEL:092-642-6240 FAX:092-642-6239
 URL:http://www.med.kyushu-u.ac.jp/index.php
 E-mail:ijssomu3@jimu.kyushu-u.ac.jp

一般市民
 (20名)

コンピュータグラフィックス(CG)による
アニメーション初級体験講座

 06/17(土)・24(土) 
 10:00〜16:30

九州大学大橋キャンパス
芸術工学部
芸術工学部学務課教務係

6,200円

 CGソフト(Shade Ver.7.5)を使ったCGアニメーションの作成を体験します。対象は初心者。
 CGアニメーションを作るための基本的な操作や実際にCGアニメーションを作成する実習を体験することにより、独学でCGアニメーションを作ることができるレベルを目指します。

 申し込み方法: 6月9日(金)までに、ハガキにて芸術工学部学務課教務係まで。(先着順で受講者決定)

 〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1 九州大学芸術工学部学務課教務係
 TEL:092-553-4418 FAX:092-553-4597
 URL:http://www.design.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:gagkyomu@jimu.kyushu-u.ac.jp

一般市民・学生
 (60名)

地球環境とエネルギー
(私たちの身近な里山環境)

 06/10〜07/15 
 14:00〜16:00
(毎週土曜日、全6回)

九州大学箱崎キャンパス
国際ホール
工学研究院附属
環境システム科学研究センター
(担当:広城)

7,200円

 日本の原風景である里山。多くの人が昔親しんだ美しい里山。
 美しい里山環境を次世代に残し,保全していくために。現状と提案。
 広城吉成、伊都キャンパス周辺の水環境と保全対策。
 紙谷聡志、里山に生息する昆虫たち。
 柳哲雄、今津湾の水質環境。
 毛利孝之、里山に生息する生き物たち。
 佐藤剛史、市民、学生、大学の協働による里山保全を目指して。
 岡部裕俊、糸島半島における悠久の歴史。

 申し込み方法: 6月2日(金)までに、電話,FAX,E-mail,ハガキにて工学研究院附属環境システム科学研究センターまで。

 〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 九州大学大学院工学研究院附属環境システム科学研究センター(担当:広城)
 TEL:092-642-3297 FAX:092-642-3297
 URL:http://www.ies.kyushu-u.ac.jp/
 E-mail:hirosiro@civil.kyushu-u.ac.jp

地域の薬剤師及び
一般市民
 (200名)

QOL(生活の質)と薬

 5/28,6/25,7/23,
 8/27,9/24 
 10:00〜12:30
(毎月第四日曜、全5回)

九州大学病院
キャンパスコラボ・ステーションT
2階視聴覚ホール
医系学部等総務課総務第三係

7,200円

 生涯学習、リカレント教育(再教育)の一環として、薬学・科学技術に関する最新の知識や情報を得る機会を提供します。

 申し込み方法: 郵送にて医系学部等総務課総務第三係まで。

 〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1 九州大学医系学部等総務課総務第三係
 TEL:092-642-6240 FAX:092-642-6239
 URL:http://www.med.kyushu-u.ac.jp/index.php
 E-mail:ijssomu3@jimu.kyushu-u.ac.jp

高校生・大学生・
教員・一般市民
 (50名程度)

最新化学談話シリーズ

 平成18年5月〜
   平成19年2月
 未 定

九州大学箱崎キャンパス
理学部化学科講義室その他
理学部化学科事務

無料

 化学における最先端の研究を広く一般に紹介する企画であり、談話会では分子科学専攻、凝縮系科学専攻(化学コース)が主催する特別講義で来学された先生方に、初心者向けに最先端の研究成果を紹介する講演をお願いします。
 この企画ではポスターが作成され、一般市民への参加呼びかけを行うとともに、報告書も作成され関係各位に配布されます。

 〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1 九州大学理学部化学科事務
 TEL:092-642-2608 FAX:092-642-2607
 URL:http://www.sci.kyushu-u.ac.jp/

一般市民
 (15名)

九州大学のフィールド科学教育施設を巡る旅

 05/11〜06/08 
 13:30〜16:30

九州大学箱崎キャンパス
生物環境調節センター

農学部附属演習林福岡演習林
(糟屋郡篠栗町394)

農学部附属農場
(糟屋郡粕屋町)

生物資源環境科学府附属
水産実験所
(福津市津屋崎町)

農学部附属農場・演習林庶務係

7,200円

 九州大学のフィールド科学教育を行っている4つの施設が共同して、市民を対象に各施設を公開し、そこで行われている教育・研究の内容と成果を紹介することによって、フィールド科学の意義を理解していただきます。

 申し込み方法: 電話,FAXにて農学部附属農場・演習林庶務係まで。

 〒811-2415 福岡県糟屋郡篠栗町津波黒394 九州大学農学部附属農場・演習林庶務係
 TEL:092-948-3101 FAX:092-948-3127
 URL:http://www.forest.kyushu-u.ac.jp/fukuoka/f_index.html
 E-mail:nessyomu@jimu.kyushu-u.ac.jp