九州大学 SALC

レクチャー 「フランケンシュタインの2世紀: 文学が文化に与える影響と文化が文学に与える影響」

デーヴィッド・ファネル(David Farnell)教授が今年の1月に「フランケンシュタインの2世紀: 文学が文化に与える影響と文化が文学に与える影響」と題する講演を行います。

ファネル教授は、メアリー・シェリーと彼女の本フランケンシュタインについて論じます。メアリー・シェリーのフランケンシュタインが私たちや作家にどのような影響を与えたのかを考察することで、文学の勉強が重要な理由を理解することができます。詳細な分析は私たちに知識だけでなく喜びをもたらします。

ファネル教授の主な研究分野はアメリカ文学です。 彼は文学におけるユートピアとディストフィアィー的テーマに重点的に取り組んでいます。Herman Melville、Ursula Le Guin、James Baldwin、Kim Stanley Robinson、Octavia Butler、HP Lovecraft、Margaret Atwoodなどの作家について研究しています。Sky Hawk(日本メルビル学会誌)の編集者、および九州アメリカ文学雑誌の編集者です。

この特別なSALCイベントにぜひ参加してください。

レクチャーの詳細については、下記のポスターをご覧ください。

お申し込みはこちら > https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe9_7SS-QK7PzjfQZ48mHoFNzdSLi2Wqmtc5SNnD4ZfCkQbOQ/viewform

« 戻る