S. Taniguchi's HP

指導学生


2016年度 (D5) 泉優行,(学位論文指導)近藤宏樹,(M1) 吉良元伸
2015年度 (D4) 泉優行,(D3)近藤宏樹
2014年度 (D3) 泉優行,(D2)近藤宏樹,(M2) 岸田正人
2013年度 (D2) 泉優行,(D1)近藤宏樹,(M2) 河村太一,村上祐亮,(M1)岸田正人
2012年度 (D1) 泉優行, (M2) 中矢光泰,(M1) 河村太一,村上祐亮
2011年度 (M2) 泉優行,西浦暢洋, (M1) 中矢光泰
2010年度 (M2) 川副謙士郎,山西浩介, (M1) 泉優行,西浦暢洋, (B4) 石崎翔
2009年度 (M2) 池上牛雄,井上志摩,塚永政富, (M1) 川副謙士郎,山西浩介, (B4) 泉優行,西浦暢洋, (B3) 石崎翔
2008年度 (M2) 塩塚喬, (M1) 池上牛雄,井上志摩,塚永政富, (B4) 川副謙士郎,山西浩介, (B3) 泉優行,西浦暢洋
2007年度 (M2) 楠本信秀,原啓輔, (M1) 塩塚喬, (B4) 井上志摩,堀内智明
2006年度 (M2) 入江志保,油田洋行, (M1) 楠本信秀,原啓輔, (B4) 高橋英樹 (B3) 井上志摩
2005年度 (M2) 茂隆二, (M1) 入江志保,油田洋行, (B4) 楠本信秀 (B3) 高橋英樹

↑ PAGE TOP


修士論文


2017年度 吉良元伸 『確率微分方程式のGrushin作用素へ の応用』
2014年度 岸田正人 『Parisian option について』
2013年度 河村太一 『非整数ブラウン運動の応用について』
村上祐亮 『局所マルチンゲールとバブル』
2012年度 中矢光泰 『三項多期間モデルについて』
2011年度 泉優行 『後退確率微分方程式のL^p解について』
西浦暢洋 『スイッチング・オプションについて』
2010年度 川副謙士郎 『d次元アルキメディアンコピュラについて』
山西浩介 『確率ポートフォリオ理論について』
【卒業論文(自主作成)】石崎翔 『中心極限定理』
2009年度 池上牛雄 『数理ファイナンスにおけるモデルの視覚化』
井上志摩 『確率ボラティリティモデルについて』
塚永政富 『CIR 金利モデルについて』
2008年度 塩塚喬 『インプライドボラティリティについて』
2007年度 楠本信秀 『無限次元確率解析とその金利モデルへの応用』
原啓輔 『無裁定の判定条件について』
2006年度 入江志保 『マリアヴァン解析と数理ファイナンス』
油田洋行 『確率微分方程式の解の存在と一意性について』
2005年度 茂隆二 『確率振動積分の具体表示について』

↑ PAGE TOP