九州大学 SALC

過去のTA・テクニカルスタッフ主導の勉強会

SALCでは、ティーチングアシスタント(TA)とテクニカルスタッフが主催する研究グループを主催していました。これらのイベントは、学生にスタッフの研究の興味についてもっと知り、アカデミック英語を向上させ、そして友達を作る機会を与えます。以下は、センター内で行われたいくつかの勉強会の要約です。SALCのウェブサイトのニュースセクションで将来のイベントについて知ることができます。

レインボー研究 – パンダ

SALCティーチング・アシスタントと九州大学の大学院生のパンダさんが「レインボー研究」と題する勉強会を行いました。この勉強会では、学生はセクシュアリティに関する固定観念と誤解にについて話し合いました。

#MeToo(ミートゥー)&中国における女性 – Xiaoyang

SALCティーチング・アシスタントと九州大学の大学院生のXiaoyangさんは、#MeToo(ミートゥー)と中国における女性についての勉強会を担当しました。

脳内言語処理 – Danny

SALCティーチング・アシスタントと九州大学の大学院生のDannyさんは、言語脳科学についての勉強会を担当しました。この勉強会では、脳内の言語処理の基本について紹介しました。この議論では、頭脳のさまざまな部分が言語を使用するためにどのように連携して機能するかに焦点を会わせていました。勉強会はまた、新しい言語を学ぶときに脳に起こる身体的変化についても話し合いました。

映画見方 – Seán

SALCティーチング・スタッフのSeánさんは、映画学についての勉強会を担当しました。この勉強会では、学生は映画見方、シーンの作り方などのさまざまなトピックについて話し合いました。

国はどのようにして貧困から脱却するのですか? – Augusto

SALCティーチング・アシスタントと九州大学の大学院生のAugustoさんは、経済学についての勉強会を担当しました。これらのセッションでは、経済がどのように機能するのかを議論しました。いくつかの国々がどのようにして経済地位を向上させることができた一方で、他の国々が失敗したかについても話しました。

ポップカルチャーは必要なのか? – ラファエル

SALCティーチング・アシスタントと九州大学の大学院生のラファエルさんが「ポップカルチャーは必要なのか?」と題する勉強会を行いました。

多文化主義 – ヒロ

SALCテクニカル・スタッフのヒロさんは、多文化主義についての勉強会を担当しました。この勉強会では、学生は同化政策、社会的少数者、民族問題などのさまざまな課題について話し合いました。