基幹教育院長挨拶

基幹教育院の設置にあたり

基幹教育院長:丸野俊一

急激に進展し続ける教育の国際化やグローバル化社会、さらには少子化による18歳人口の減少や大学全入時代の影響を受けて学生の多様化を迎え、新たな視点から大学教育の在り方の再考を促す声が、国内外から、期待と願いを込めて上がっています。

一つは、ものの見方や考え方や価値観の異なる異文化の人々と、一つのテーマや課題を巡って、創造的ディスカッションを行いながら新たな知を創出し、問題発見・解決して行くために不可欠なコミュニケーション能力、自己表現力、創造的・批判的思考能力やコラボレーション能力などの育成を求める声です。

二つ目は、絶えず変動し続ける知識基盤社会を逞しく生きて行くためには、深い専門性だけでなく専門以外の様々な知識に通暁することが必要ですが、もっと大切なものとして、それらを状況や場面に合わせて適切に編み直し、適応性のあるものにしていく知的閃きと豊かな応用能力、さらには社会の諸問題の中に意味・価値を見いだす開かれた心と価値敏感性の育成を求める声です。

三つ目は、知識量のみに依存する学修ではなく、むしろ膨大な資料や知識を鵜呑みにせず、複数の視点から注意深く批判的・省察的吟味を行い、新たな可能性を開き、不可能と思える困難な問題や事象に対しても果敢に解決の方向性を探し続ける飽くなき挑戦心や態度、いわゆる大学教育の根幹というべき“分からないことを分かる喜び、学ぶ姿勢や態度創り”の涵養を求める声です。 これらの声に共通しているもの、それは状況や時代を超えて、生涯に渡って自律的に学び続ける、人間的にも知的にも成熟したアクティブ・ラーナーとしての心構えや態度創りの育成であり、社会を生きて行くために必要な「知識や社会や自分自身に対するモラルや価値判断の為のモノサシ創り」であり、強靭にしてしなやかな人材育成への期待です。

九州大学では、従来、様々な分野において広く全世界で活躍し、指導的な役割を果たす人材の輩出を教育の目標に掲げ、教育憲章では人間性、社会性、国際性及び専門性を重視し、全学一体となって教育に取り組んで来ました。しかし、上述した国内外からの社会が求める期待に呼応し、多様な課題を抱えグローバル化が進む国際社会において真にリーダーとして活躍できる人材を育成するためには、これまで以上に体系的で幅広い質の高い教育を充実させる必要があります。そこで、全学教育から専門教育へ、専門教育から大学院教育に至る一貫した教育システムを再構築することが不可欠であると考え、創立百周年を機に、次の百年に向けて、新たな教育組織として「基幹教育院」を平成23年10月に設置しました。

九州大学

Page Top