九州支部主催の活動記録

共催・後援イベント

日本物理教育学会九州支部会優秀発表賞

九州支部会では、支部研究会の発表者を対象に優秀発表賞(学生)及び優秀発表賞(一般)の表彰を行っています。

日本物理教育学会九州支部会優秀発表賞等の授与申し合わせ(PDFファイル)

平成28年度は以下の方々に優秀発表賞が授与されました:

【学生の部】廣岡早紀(久留米工業大学)「物理概念における描画の効果」

共著者:野田 常雄,中村 文彦(久留米工業大学)

【一般の部】藤原 俊夫(福岡県立玄界高等学校)「電子黒板と書画カメラによる教育」

 

平成27年度は以下の方々に優秀発表賞が授与されました:

【学生の部】倉留 天翔(福岡教育大学大学院)「ヘルツの実験教材について」

共著者:大後 忠志(福岡教育大学理科教育講座)

【一般の部】緒方 則彦(長崎県立長崎北陽台高等学校)「小学生向け公民館講座から、高校の授業を見つめ直す」

 

平成26年度は以下の方々に優秀発表賞が授与されました:

【学生の部】大和 太希(福岡教育大学大学院理科教育コース)「物質の液体窒素による冷却過程で観察される沸騰現象」

共著者:重松 健一(福岡教育大学初等理科(現,福岡市小学校講師))、大久保 博(久留米大学医学部物理学教室)、秋永 正廣(福岡教育大学理科教育講座)

【一般の部】福山 隆雄(長崎大学 教育学部 物理学教室)「電気現象をイメージさせるためのパチンコ玉モデル(授業実践を通したモデルの効果と限界に関する検討)」

<アーカイブ>